どうして野菜を食べないといけないのか?

子どもの頃、ピーマンやニンジンが嫌い、と言った子もいたでしょう。

大人になった今でも、野菜が嫌いと言う人もいて、恋人や家族から注意されている人もいるのではないでしょうか?
しかし、なぜ、野菜を食べないといけないのでしょうか?
確かに、ピーマンは苦いですし、ニンジンも独特の味がしますから、苦手な人が多いと言うのも頷けます。
しかし、親からは、「野菜を食べろ!」と言われることが多いのは、なぜかと言うと、野菜は健康にいいとされているからです。
漠然的な理由ですが、簡単に言うと、野菜にはカロテンやリコピン、食物繊維が多く入っている為に、体の中の毒素を外に出したり、健康や美容を作り出す成分が入っているからです。
トマトに多く含まれるリコピンは、抗酸化作用があるので、肌の老化を防ぎ、美肌を維持できますし、キャベツ等に多く含まれる食物繊維は、体の中の老廃物を外に押しやってくれるのです。
その為、体の中からクリーンになって、血流が良くなり、大切な栄養素が運ばれやすくなります。
肌や各器官、臓器への栄養がしっかりと運ばれることで、病気予防や美容効果が望めるのです。
又、血液量が少ない貧血気味の人も、ほうれん草に含まれる鉄分を摂取することで、めまいや立ちくらみと言った症状を改善させることが出来るのです。
野菜には独特の味があり、生で食べるのはちょっと・・・と言う人も多いのですが、様々な料理に使えますし、熱を加えることで、その成分が効率よく摂取出来る野菜もあります。
トマトは、美容効果とともに、熱を加えることで、益々パワーアップし、ダイエット効果も望めますから、トマトソテーにしてみたり、カレーやスープに入れてみたりと工夫すると、より効果は高まります。
勿論、野菜だけでなく、肉や魚、豆類や海藻類と言った物も体にとってとても大事な要素なので、要はバランス良く摂取するように心がけ、体の中で作りづらいカルシウムや食物繊維、ベータカロテンやカリウム、ビタミン類を摂り入れるようにしましょう。

気になる野菜に含まれる栄養素と病気予防

野菜は健康と美容に良いと言われており、小さい頃から、母親に食べさせられたと言う人もいるでしょう。

無理やり食べさせられた経験から、野菜が嫌いになってしまう人もいますが、スムージー等にすることで、一つの野菜の風味を感じることなく、美味しく摂取できる方法もあるので、健康と美容の為には積極的に摂り入れるべきです。
野菜には栄養価が高く、例えばねばねばとして有名なモロヘイヤですが、一度茹でた上で、まな板の上で、細かくみじん切りにしていくことで、ねばねば成分が出てきます。
なぜねばねばするのか、実はモロヘイヤには恐るべき程の高い栄養価があり、それはほうれん草をも上回る程です。
抵抗力をアップするベータカロテンやカルシウム、ビタミン類等において、全て上回っているのですから、まさに嬉しい食材です。
特にカルシウムにおいては、ほうれん草の5倍以上もの栄養素ですから、骨を丈夫にしたい、骨粗しょう症予防をしたいと言う人にとっては、積極的に摂り入れるべきです。
元々モロヘイヤと言う野菜は、日本の物ではなく、インド・アフリカ原産の野菜であり、熱帯地域に生息している為、暖かい気候を好み、太陽の恵みを精一杯受けて、生命力も強いので、そのパワーも計り知れません。
では、実際にモロヘイヤが私たちの体にとってどう効果があるのか、それは、モロヘイヤ特有のねばねばにあり、ムチンと言うタンパク質で、消化吸収を促進させます。
出典(モロヘイヤの栄養満点のネバネバ成分の効果効能まとめ
つまり、夏バテしやすい季節は、消化不良を起こしやすいので、こういった時期に、食べることで、胃腸を丈夫にし、夏バテしらずの体維持が出来ます。
又、活性酵素の働きを抑える効果もあり、抗酸化作用によって、しわやたるみ、しみやそばかす等が出来にくい綺麗な肌に、そして、様々な病気を引き起こす要因を予防することが出来ます。
夏バテ予防に、是非、モロヘイヤを食べましょう。

野菜で活性酵素を抑えることが、病気全般を予防する!?

昔と今とを比べると、欧米食になってきているので、活性酵素が体内に溜まりやすく、10倍もの活性酵素が、様々な病気を引き起こす原因となっているのです。

この状態では、必ず何かしらの病気になってしまうわけで、何とかしなければなりません。
病気の中でも一番怖いのは、がんであり、進行によっては、死をもたらしてしまう恐ろしい病気です。
活性酵素を取り除く究極の方法は、野菜を食べることです。
野菜には、ビタミン類やカルシウム、鉄、亜鉛、銅や食物繊維が含まれており、特にカルシウムや鉄分等のミネラルは、体内で作ることが出来ないので、積極的に野菜から摂り入れる必要があります。
特に食物繊維は、体の毒素を外に出し、血流を良くし、基礎代謝を上げるので、体温も上がり、がん細胞を作り出す前に退治してくれます。
出来てしまったがん細胞も、小さくしてくれるので、野菜は肉や魚以上に毎日食べないといけないのです。
しかし、世の中には、野菜嫌いが多く、例え野菜が好きと言う人でも、限度があり、意外と一日に必要量を摂取出来ていないのが現状です。
野菜嫌いの人や、多忙でなかなか野菜を食べることが出来ないと言う場合は、効率的に摂取する為に、最近ではサプリメントがあります。
野菜に多く含まれている食物繊維やカルシウム、ビタミン類、鉄や亜鉛と言った成分のサプリは多く販売されており、それぞれを上手く組み合わせることで、野菜からの摂取と同様に、栄養素を十分摂り入れることが出来ます。
がんの症状は、単に手術をして取り除いたからOKと言うわけではなく、そこから数年経って、がん細胞が増殖することもあり、再発や転移と言った怖さもあります。
だからこそ、普段から、野菜を中心にした食事が必要であり、それで不足している部分を、サプリメントで補う形が理想なのです。
野菜で、がんを予防するなんて大げさ!なんて思っている人は、是非その考えを改めて、今日から野菜生活を始めてください。

更新履歴

メニュー

サイトマップ

Copyright (C) 2016 野菜の栄養価と病気の予防 All Rights Reserved.